【横浜分譲住宅】徹底ガイド! » 分譲地(分譲住宅区画)の種類

タイプ別にみる分譲地(分譲住宅区画)のメリット・デメリット

大規模分譲地(開発分譲地)とは?

大規模分譲住宅地(開発分譲地)は、不動産会社が持っている土地をいくつかに分けて販売している広い土地のことです。街ができたかのような広さの分譲地を指して大規模分譲地(開発分譲地)と言うことも。もともと広大な土地があって、複数のハウスメーカー・不動産会社が所有し住宅街を展開するのが一般的です。いわゆるベッドタウンと言われる都市に多くみられる傾向があります。

大規模分譲地(開発分譲地)のメリット

街並みに統一感がある

大規模分譲地はコンセプトを決めて開発をされています。街並み全体に統一感があるため、家の快適性はもちろん美しい街並みもこだわって演出。自然をテーマにしている分譲住宅地には1年通して花や緑が溢れているところもあります。安らぎや落ち着きを感じられ、暮らしを豊かにできるのがメリットとしてあげられるでしょう。

利便性が高い

大規模分譲住宅地は立地条件が良い場所に開発される傾向があります。駅から大規模分譲住宅地までにアクセスできるバスの本数が多いなど、公共交通機関の利便性が良い点は魅力的でしょう。交通面だけでなく、ショッピングセンター・医療福祉施設・教育機関なども周辺にあるため、利便性が高くなっています。

同世代の家族が集まりやすい

大規模分譲住宅地を購入している年代は20代~40代。新婚から子育て真っ只中の購入者が多く、ほぼ同世代の方が集まりやすいのです。子どもが同級生で同じ学校に通うなど、ご近所ネットワークもつくりやすいでしょう。過干渉になりすぎず「子どもの賑やかな声はお互い様」と割り切ったドライな付き合いができるのも魅力といえます。

安全性が高い

大規模分譲住宅地はエリア内に入ってしまえば交通量が減ります。道も広く見通しが良いため、交通事故の危険性もかなり低くなります。ファミリーカーのような大きな車でも運転しやすく、車庫入れも余裕を持ってできるのが◎。分譲地によっては防犯カメラ・警備員が見回りをしているところもあり、安全性は比較的高いでしょう。

大規模分譲地(開発分譲地)のデメリット

地盤改良費がかかる

大規模分譲地として開発されるエリアは、もともと田んぼや畑だった場所を大規模分譲地として開発することが多いようです。田んぼや畑は地盤がゆるく、家を立てるときは地盤改良が必要なのですが、100万円以上するころも。家を建てること以外に出費があるのはデメリットともいえるでしょう。

ママ友など近所付き合いが多い

大規模分譲住宅地は同世代の人が多く、子育て中のママさんもたくさんいます。入居時期が重なるため親しくなりやすいのですが、人によっては人付き合いをストレスに感じる人もいるかもしれません。1度トラブルを起こすとその後の付き合いが大変なので、人間関係が濃いという点での環境面はデメリットに挙げられるでしょう。

駅から少し離れた立地

大規模分譲住宅地となると、それなりの広さが求められます。そのため駅から徒歩圏内ではなく郊外エリアや車で10分~15分程度離れた場所に建設されやすいのが特徴。電車通勤・通学をしている人にとっては不便かもしれません。駅から近い物件と比べると資産価値が低い傾向になりがちなのはデメリットとしてあげられます。

街が一気に老化する

開発されたばかりの大規模分譲住宅地は活気に満ち溢れています。しかし子育てが終わり子供たちが独立していくと、閑散とした住まいになるかもしれません。同世代の子どもたちが多いため、子どもの成長と共に人口減少が考えられます。建物を建てた時期が一緒であるため、建物の老朽化も目立つでしょう。

大規模分譲地を販売している横浜のおすすめ不動産会社

株式会社ベンハウス(仲介)

横浜エリアをはじめとした神奈川・東京を中心に住宅を販売している不動産会社です。ヴィンテージ・モダン・ナチュラルの3つをテーマとし分譲住宅を建築。どれも似たようなデザインではなく、個性を出したデザイン・性能が特徴です。省エネ住宅にも力をいれ、デザインだけでなく品質・性能にもこだわりを持った家づくりを展開しています。

販売していた大規模分譲地(総48区画・宅地)

横浜市都筑区にある全48棟の大規模分譲地です。地下鉄グリーンライン川和町駅から徒歩13分と駅からも比較的近い場所に開発された3000万円台の分譲住宅を販売しています。敷地面積が限られている代わりに3階建にして圧迫感のない快適な家を建築。リビングは15帖以上・ルーフバルコニー・屋上付き・駐車場あり・4LDK以上の物件が立ち並ぶ大規模分譲住宅地です。

リストインターナショナルリアルティ株式会社(専属専任媒介)

横浜エリアの分譲住宅をはじめ、湘南・東京エリアの不動産を取り扱っている会社です。国内のみならず、世界各地のリゾート地のラグジュアリーな物件も紹介してくれます。国内においては地域密着型にこだわり、分譲住宅のみならず注文住宅・マンションにも力を入れて取り扱いをしています。

販売していた大規模分譲地(総160区画・宅地)

横浜市戸塚区に全160棟の大規模分譲地です。さまざまな交通機関を含めて6駅9路線からアクセスできるのは魅力的。3分に1本最寄り駅までのバスが通っているため、駅から少し離れていても不便さは感じないでしょう。住宅地の隣にはショッピング施設が隣接されているの◎!リビングは20帖以上・太陽光発電・床暖房・ウォークインクローゼットなど設備面においてもこだわって建てられています。

株式会社ホームタウンよこはま(仲介)

株式会社ホームタウンよこはまは、横浜エリアを中心に川崎・鎌倉・藤沢・横須賀の分譲住宅をはじめ数多くの物件情報を提供しています。ファイナンシャルプランナーが経営している会社だけあって物件情報の提供以外に、住宅ローンに関することや保険・教育資金など将来のマネープランについても気軽に相談できます。

販売していた大規模分譲地(総48区画・宅地)

横浜市都筑区に全48棟展開されている大規模分譲住宅地。横浜市営地下鉄グリーンライン「川和町」駅徒歩13分・JR横浜線「中山」駅徒歩20分と、駅からも比較的アクセスが便利な場所に開発されています。分譲住宅地でありながらもそれぞれの物件コンセプトに変化を持たせているのが特徴です。15帖以上のリビング・3階建てで広々とした空間の物件でのびのびと子育てができるでしょう。

株式会社横浜建物

株式会社横浜建物は横浜エリアに特化して住宅販売をしている地域密着型不動産会社です。分譲住宅は建売だけでなく、自分でセレクトできるセミオーダー式も採用。すべて同じではなく、購入者それぞれのライフスタイルにあわせた、それぞれの家族らしいオリジナリティに溢れた家が建てられます。分譲住宅でも条件にこだわりたい人にぴったりの不動産会社とも言えるでしょう。

販売していた大規模分譲地(総42区画・宅地)

横浜市神奈川区に展開されている43区画の大規模分譲住宅地です。高台にあり見晴らしはよく、開放感がある「ラシット横浜」は新横浜駅まではバスで13分地下鉄「片倉町」駅から徒歩22分。2019年には「羽沢」駅が開業。高速道路のインターも近くマイカー通勤の人にはおすすめ!セミオーダー式であるため、外観・キッチン・フローリング・壁紙・建具など、注文住宅のように自分たちの理想の家をリーズナブルに建てられるのは魅力的です。

野村不動産株式会社(売主)

野村不動産株式会社は横浜市の分譲住宅をはじめ、首都圏・大阪・名古屋に住宅販売している会社です。分譲住宅ブランド「プラウド」「オハナ」を展開し、戸建てに限らずマンションタイプにも力を入れています。販売だけでなく、着工から竣工まで何百人のスタッフが管理。その後のアフターサービスにもこだわっている不動産会社です。

販売していた大規模分譲地(総35区画・宅地)

横浜市戸塚区に展開されている35区画の大規模分譲地です。東戸塚駅からは徒歩14分。品川・東京までは約30分近くでアクセスできるため、ベッドタウンとして人気があるエリアです。東戸塚駅周辺施設にはショッピングセンターが充実し、分譲地から小学校へのアクセスは徒歩4分。コンセント付きのルーフバルコニー・回遊性にこだわったウォークインクローゼットなど、日々の生活に上質感を与えてくれる物件を販売しています。

小規模分譲地とは?

小規模分譲地とは、区画数の少ない分譲住宅地のことを言います。大規模分譲地の場合20件以上の区画が入っているのに対し、小規模分譲地は1~10区画が一般的。分譲住宅地全体が一つの街のように展開されているのに対し、小規模住宅地はすでにある住宅地の中で、スペースがある土地に建てられるのが特徴です。

小規模分譲地のメリット

交通の利便性が高い

広大な敷地が必要な大規模分譲地と違い、家が建つスペースがあれば展開できる小規模分譲地は、駅から近い場所に開発される傾向があります。大規模分譲地では最寄り駅から徒歩15分以上かかるところが、小規模分譲地では徒歩10分以内でアクセスできることも。普段電車を利用する人にはメリットといえるでしょう。

挨拶まわりが比較的楽

分譲住宅となると、隣近所ではなくコミュニティ全体に挨拶回りをしなければならないところもあるでしょう。アパートと違い、短期間で引っ越すわけではなく、歳をとるまでその地に住み続けるからです。小規模分譲地の場合そもそも区画数が少ないため、引越しの挨拶が楽な点に関してはメリットと言えるでしょう。

「これから開発が始まるエリア」に限定されない

小規模分譲地は条件が限定される大規模分譲地に比べ、条件に限定されることなく、住宅地の中や空いている土地に建築されます。場所を選ばず、ライフスタイルに合わせて物件を購入できるのはメリットです。

割安価格の物件を見つけやすい

小規模分譲地は土地の広さがそこまで確保ができない場所に展開されることがあります。その分立地条件・周辺環境は良いのにリーズナブルな価格設定で販売されることがあります。土地は狭くても、室内はゆったり空間で間取りが作られていることもあり、まさに穴場物件なのです。

小規模分譲地(小棟戸建て)のデメリット

コミュニティができあがっている

大規模分譲住宅地のように街全体が0から作り上げられているのではなく、すでにできあがっている住宅地・コミュニティの中に建築されます。事前に自治会・近所の人間関係などをリサーチしておかないとトラブルになることも。地域の特性を理解し、馴染めるか?ご近所づき合いがうまくできるか?なども気をつける必要がありそうです。

競争率が高い

小規模分譲地のメリットは駅から近い&周辺環境が良いところに展開されること。そのため、1度区画が発表されると問い合わせが多く、迷っている間に売約済みになるパターンがあります。区画自体が少ないため「この物件いいな」と思ったら早く決断しないと、いつまでたっても家を買えない可能性もあります。

街並みに統一感がない

小規模分譲住宅はすでに形成された住宅地の中に展開されます。中には住宅地ではなく、周りに何もない場所に建設されることも。そのため大規模住宅地のように街全体に自然があふれたり美しい景観にデザインされたりなどは期待できません。分譲住宅地だけは新しく、周りの家は老朽化していることも考えられます。周辺の美観までは期待できないでしょう。

道路の設計を工夫できない

小規模分譲住宅の場合、すでに出来上がっている街の中に建設するため、道路までは工夫できないのはデメリットと言えるでしょう。道幅が狭かったり一方通行だったりなど不便さを感じられるかもしれません。

小規模分譲地を販売している横浜のおすすめ不動産会社

株式会社横浜建物

大規模分譲住宅も手がけている横浜建物は、小規模分譲住宅の取り扱いもしています。小規模分譲住宅もセミオーダー式を採用。デザインだけでなく建物の構造にこだわり、地震に強い家づくりにも力を入れています。地域密着型ならではのネットワークで立地条件の良い分譲住宅を提供中。分譲住宅でもオリジナリティに溢れたマイホームを建ててくれるので必見です。

販売していた小規模分譲地(3区画・土地+セミオーダー)

横浜市青葉区で展開されている小規模分譲住宅地です。販売区画は3区画。閑静な住宅街にありながらも、庭付きのスペースを確保できるゆとりがあります。外観・内装・間取りの変更も可能。あざみ野ガーデンズ・教育施設も近く、都内までは約30分でアクセスできる好立地な小規模分譲住宅です。価格を抑えてこだわりのマイホームを建てたい人におすすめ。

旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)

旭化成ホームズの分譲住宅ブランド「ヘーベルハウス」は横浜エリアをはじめ、全国各地に分譲住宅・注文住宅を建築。耐震性が高く、四角い箱型の家が特徴です。戸建て住宅だけでなく、マンション分譲住宅にも力を入れています。分譲住宅マンションブランドは「アトラス」は、都心部に住むことを考え、上質さの中にも快適性をこだわりを持ってデザインしているそうです。

販売していた小規模分譲地(3区画・土地のみ)

横浜市泉区に展開している小規模分譲地です。最寄り駅は相鉄いずみ野線「いずみ中央」駅より徒歩9分。価格帯は3000万円以下と横浜エリアにしてはリーズナブルに購入できるのがポイント。小学校・中学校共に徒歩20分以内と近く、子育て環境も◎!土地の広さは30坪以上あるため、ゆとりのある住宅が建てられそうです。

パナソニックホームズ

パナソニックホームズは横浜エリアだけでなく全国各地に分譲住宅を手がけ、各グループ会社と連携しながら利便性・快適で安らぎを感じられる暮らしを提供している会社。創業依頼50年のノウハウを生かして、人々に親しまれる家づくりに力を入れています。特に設備面におけるクオリティの高さは、パナソニックならではと感じる人も多いようです。

販売していた小規模分譲地(4区画・建売)

横浜市ではありませんが、すぐ近くの平塚市で4区画の小規模分譲住宅を展開しています。JR東海道本線「平塚」駅より車で15分。最寄りのバス停から徒歩1分程度とアクセスのしやすさも伺えます。土地面積は40坪と小規模分譲地としては広いのが特徴。車の駐車スペースは2台、リビングも17帖と広々空間を保っています。

朝日土地建物株式会社(仲介)

朝日土地建物株式会社は横浜エリアの分譲住宅を始め、さまざまな物件情報を取り扱っている不動産屋です。東京・神奈川・埼玉に13店舗展開。平成30年には契約件数が5万件を超えるなど創業以来、たくさんの人に利用されています。創業35年の間に培った実績・ノウハウから、納得のいく家探しができそうな不動産会社です。

販売していた小規模分譲地(8区画・建売)

横浜市ではありませんが、すぐ近隣の東戸塚で8区画の小規模分譲地を展開していました。最寄り駅はJR横須賀線「東戸塚」駅・相鉄本線「和田町」駅・京急本線「井土ヶ谷」駅の3つ。利用時間が多い通勤・通学時にはバスの本数も多く、交通アクセス環境は◎!17帖以上のリビング・全室2面採光を取り入れた窓は、自然の光で明るい空間を保ってくれるでしょう。暮らしの利便性も期待できそうな小規模分譲地です。

株式会社アイダ設計

株式会社アイダ設計は設計会社がプロデュースした住宅を提供しているハウスメーカーです。横浜市の分譲住宅だけでなく、全国各地に多くの物件を手がけています。下請けに頼らず自社一貫型にこだわり、社員が実際に家づくりに携わる「社員大工育成プロジェクト」を実施。熟練の大工から家づくりを学ぶことで、よりクオリティの高い満足できる家づくりを目指しています。

販売していた小規模分譲地(2区画・建売)

横浜市栄区に展開している2区画の高台の上にある小規模分譲地です。最寄り駅はJR東海道本線「大船」駅。車で4分の場所に大型ショッピングセンターがあるため、買い物に困りません。エイビングは16帖、バルコニー付きの4LDKで1つ1つの部屋が比較的ゆとりをもって設計されています。立地・設備共に満足度が高く、3000万円台で購入できる中ではおすすめの物件です。

建設条件付き宅地とは?

建築条件付き住宅は、あらかじめ指定されたハウスメーカーで建てることを条件に土地を購入できる家のことです。大規模分譲住宅の中にはハウスメーカーを自由に決められる・すべての土地が建築条件付き宅地・一部のみ建築条件付き宅地の3パターンで構成されていることがあります。「気になっているハウスメーカーがあって、建てる場所が決まっていない」という人におすすめの土地でしょう。

建設条件付き宅地のメリット

仲介手数料がかからない

土地探しをする際にまず問い合わせるのは不動産屋さんですが、もし気に入った土地があって購入する場合は仲介手数料が必要になります。手数料は不動産屋さんによりますが平均的に3~5%ほど。土地は金額が大きいため数十万円以上の手数料が発生します。一方、建築条件付き宅地はハウスメーカーが販売しているため、手数料が発生しないのです。

建築会社(工務店)選びで苦労しない

家を建てるには土地と建築するためのハウスメーカーを決めなければなりません。たくさんのハウスメーカーや工務店などがあり、それぞれの違いを吟味するかと思いますが、こだわりがないと決定打に欠けます。ハウスメーカー選びに苦戦している人でもあらかじめ会社が決まっているため、悩まなくていいのはメリットとしてあげられるでしょう。

建設条件付き宅地のデメリット

ハウスメーカーを選べない

メリットとしてあげられた「ハウスメーカー選びに苦労をしない」は、デメリットに変化することもあります。「土地はいいけど、自分が理想としているデザインとはマッチしない」というパターンが考えられます。ハウスメーカーにはそれぞれ得意・不得意があるため、自分がこだわりたい部分とマッチしない場合はデメリットとなるでしょう。

似たような住宅が立ち並ぶ

建築条件付き宅地は同じハウスメーカーが手掛けるため、外観が似たような家が立ち並ぶのがデメリットとしてあげられるでしょう。内装や間取りに若干の変化はあるかもしれませんが、こだわりの強い人は満足できないかもしれません。指定されているハウスメーカーがどんなコンセプトで家づくりをしているのか?を事前に細かく調べる必要がありそうです。

分譲住宅で理想の暮らしをするには?

気になる分譲地に直接行って先住者の話を聞く

気になってる分譲地がすでに開発されている場合、まずは現地に足を運んでみましょう。朝・昼・夕方・夜と時間帯を変えてみると「あ、この時間帯は道が混む」「この時間帯は静か」「この時間帯は賑やかだ」など実際の生活イメージがつきやすいでしょう。また、先に住んでいる人がいれば実際に話を伺うと◎!直接聞けない場合はインターネットのコミュニティで相談するのも良いかもしれません。

設計の自由度が高い会社に依頼する

家は家族が集まり、たくさんの思い出ができる大切な場所でもあります。一生に一度の買い物なので「家族が多いからリビングは広くしたい」「寝室は広めにとりたい」「和室にはこだわらない」など、分譲住宅だけれど自分のライフスタイルやイメージに合わせて設計してもらえる会社がおすすめです。

保証内容を事前に確認しておく

ハウスメーカーによっては分譲住宅の保証期間が短く設定されているところもあります。また、長期保証と謳っていたから安心して契約したものの「対象外です」と言われることも。災害時や設備機器の故障の問い合わせなど、家を購入するだけでなくアフターサービスを事前にチェックしておきましょう。

分譲地の写真

横浜市内で分譲住宅を探すなら、編集部おすすめの3社を要チェック。分譲住宅でも、マイホームへのこだわりをしっかり叶えられますよ!

横浜の分譲住宅
おすすめ不動産会社3選